FC2ブログ

害り 包 と 七爺八爺 大 女子 き 

こんにちは、留川ほちょです。HPも見に来てね!(´∀`)http://hosokawahocho.web.fc2.com/

 

真田丸終わりましたねー。

真田丸、とうとう最終回ですねー。
いやあ、一年とおして、とても楽しかったです。
正直、三谷幸喜の前大河の「新選組」みたいなクドい終わり方だったらやだなーと心配してまして。
いろんな登場人物が、近藤勇との思い出を懐かしむような演出が最終回ずっと続き、
「はよ終わってくれ~」と興ざめしたのです。
そこは前ほどじゃなくてよかったです。それだけ登場人物一人ひとりの心情に重きを置く監督なんだろうけど、
限度があるよなあ~みたいな。(; ゚;∀; ゚;)
まあ、三谷幸喜作品なので、そういう部分は絶対にあるし今回もあったけど、前ほどじゃなかった。(´∀`)
最後の音楽で1年間のダイジェストとして色んなシーンが流れたのもよかったなー。

ただ、一か所だけ、どうしても薄気味悪い部分がありまして。
茶々ときりちゃんが、信繁について語って、「ほほほほほ(´∀`)」と笑い合うシーン。
一人の男性に思いを寄せる女たちが、仲良くその人を語るシーンって、
私としては「ないわー(´・ω・`)」ってげんなりするのですよ。

私、「うしおととら」が大好きなのですが、うしおが獣の槍に取り込まれる時、
うしおと仲の良い・以前助けた女の子たちが交代で髪の毛をくし削るシーンがあり。
事が済んで、うしおが行ってしまった後、「みんなでうしおくんの会をやろう」ってなって。
あれを見て、うえええええええええ((((((; ゚;Д; ゚;)))))ってなったのを思い出した。
なんか、私にはない発想というか。
ものすごく一夫多妻に憧れる「男の理想」をギンギンに突きつけられた感じがして、
げんなりするんだよなあ。(´-Д-`)
確かに、一人の男を慕う女性が沢山いて、その人たちが仲良く
「あの人のここがいいよねー。」「うんうん、最高だよね!!」って語り合うのは、平和だし、
中心人物の男性がそれだけ「いい男」という証拠なので、男としては理想なんだろうけど、
実際そんなやり取りが成立するのは、対象が実在しない場合だけじゃね?って思う。二次元とか。
「可愛い女の子はトイレに行かない」レベルの幻想だなー…って。
もしくは、正妻・側室的に、立場関係が相当きっちりと出来てたり。
そうでないまま、一人の男性をみんなで仲良く好きでいるというのは、
グループ内で「抜け駆けには血の制裁を」みたいな血判状が交わされてないと、
ちょっと、無理だと思います。

ところで、漫画あさきゆめみしを読んで(源氏物語はまだ途中までしか読んでない)
源氏に一番長く愛された紫の上と、源氏の子供を産んだ明石の御方が、
長い年月を経てようやく分かり合うシーンがあったけど、
あれは「源氏の嫁だから仲良くなった」のではなく、
明石の御方がちい姫を産んで、子供を産めない紫の上がちい姫を育てる
「生みの親」と「育ての親」としての関係でだからこそ仲良くできたわけで
間にいるのは光源氏ではなく、あくまでちい姫なんだよな。
だから、そのシーンは素直に心に伝わってきたし、女同士の友情として美しかった。


話を真田丸の方に戻してだよ。
色々と三谷幸喜の脚色はあるにせよ、きりちゃんの人柄なら、「それもアリかな」と思える。
何十年もずっと信繁への思いを寄せ続けて、信繁の子育てを手伝ったり、
嫉妬心の強い大谷刑部の娘が嫁に来た時も、きちんと距離をわきまえて仲良くして、
同じく信繁に思いを寄せる茶々の下で働いて、
何十年もずっとそうやって生きてきたきりちゃんだからこそ、
「ま~、仕方ないですから。(´ー`)」の一言でやれたのかなーと。
きりちゃんは、いい人物だったね。


そいや、真田丸を見て、茶々の事をちょろっと調べたんですが、
茶々の本名は「浅井菊子」なんですね。
現代でも、50代、60代の人で普通にいそうな名前だなあーってビックリした。

あと、秀吉と茶々の年齢差って32歳だそうで。
で、加藤茶と嫁さんの年齢差って、45歳差。
違う意味で、加藤茶って、すごいんだなー・・・((((((; ゚;Д; ゚;)))))と実感しました。

真田丸は以上ですw(`Д´)



話変わって。ツイッターのアカウントを一時消すと、ブログが増えるワタシです。
ブログが増えるというか、ツイッターをやるとブログが減るんだよね。
ここ何か月も、たまに広告表示されるほど更新が滞ってたし、
このくらいがいいのかもしれないなあ。(´・ω・`)
SNSが沢山ある今のご時世、ブログってもう交流ツールにはなりえないけど、
ホームページに付随するこのブログもまたホームであるわけで。
というか、最近イラストとか更新したりもしてないし、HPとは?と色々考えてしまう。
ピクシブの方もずいぶん絵の更新してないし、ツイッターも落書きばかりだし。
何も描いてないわけではなく、同人誌という紙媒体の原稿はほぼ毎日描いてるんですが。
そんな私にとって、HPとは?(´-ω-`;)と色々考えてしまうのですが。
サイト縮小も考えたのですが、それも面倒臭く。(´・ω・`)
縮小する=色々削るわけなんですが、どれも、その時は一生懸命作ったものだし、
言うても私のオンラインにおけるホームは正にここなので、
まあぼちぼち(という名の放置)でやろうかなと。(´-∀-`;)
色々滞ってはいますが、それでも訪問者さんはいらっしゃるわけで、
あ あ あ ありがとうございます。(*´人`*)

で今なんですが、年賀状の絵を描いてましてねえ。
25日までに投函したいな。
その絵は、年始にUPしたいです。



留川ほちょのHP ZIPANG



スポンサーサイト



web拍手 by FC2 ←励みになります!!
Comments
真田丸 
真田丸、録画してたら、最後が切れてた(>_<)土曜に見れたら見る予定!きりちゃんイイ人だったけど、なんかなぁ…もうワタイが三谷作品を嫌いになってしまったのか?ちょい笑わす脚本がどうも…イランと思ってしまったんです…終わりは確かにくどかったけど笑いの部分が無かった前作のほうが好きだったかも~(^_^;)
かりんさんどもー(゚∀゚) 
ややや、かりんさんお久しぶりですー。
録画、最後がきれてたのですね。(´・ω・`)
最終回だけ拡大してましたもんね。
三谷作品は、好みがわかれるかもしれませんねえ。
私は、あの笑わす感じが好きでしたが、
映画のギャラクシー街道は笑えませんでした。((((((; ゚;∀; ゚;)))))
そもそも、大河で笑い自体があまりないですしね。
三谷作品は好きよん♪ 
コメント返しありがとうございます\(^o^)/
土曜日に最後まで見れました♪
そんなにくどくなくて良かったです!
堺雅人の演技は、三谷さんの脚本のくどさを和らげたと思います(^-^)

私、三谷作品は好きなのよん
って言うか大好きだったの…
たぶん、三谷さんが変わったと思う…
ギャラクシーの前の前までは面白かったもん(^○^)
再婚してから思考と言うかセンスが変わったんじゃないかな?
私は見てないけどギャラクシーの前の映画「清洲会議」もイマイチだったらしいし…
もう三谷作品の映画は劇場で見ないと思う~
これでも私、お芝居も大阪で上演してる物はスケジュールが許す限り見てたんだけどねぇ…
ギャラクシー見てからファンじゃなくなりました(-_-;)

ほにょちゃん、また元気そうで良かったです!
また遊びましょうね(^-^)/

Body

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
七爺八爺
プロフィール
糸田川ほちょ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR