FC2ブログ

害り 包 と 七爺八爺 大 女子 き 

こんにちは、留川ほちょです。HPも見に来てね!(´∀`)http://hosokawahocho.web.fc2.com/

 

[ニュース]はやく!!とにかくはやく!!!

NHKスペシャルを見た。

今日のは、中国企業がレナウンを傘下にいれて、中国進出する というものでした。


いやー・・・見てて、ああ・・・あああ・・・って思ったのが、
「とにかく早く!!速く!!!」っていうのと、
「日本のやり方は時代遅れだ。」っていう部分だった。



日本人側が、日本と言う狭い土地での経験だけを頼りに中国でやって行く際に、すごく固執してる部分があって(まずは北京から押さえないといけない・・・というような発想とか。)
「いや、それは中国側の言うとおりなんじゃないかな?」と思うところもあって。
日本は日本で視野が狭い部分もあるとおもったけど、



「日本のやり方はもう時代遅れだ。」



ここが、すごくひっかかった。

多分ね。
私は思うんですが、
今の中国はさあ、すっごいバブルで。
時代遅れ時代遅れと言いながら、
確実に日本と同じ道をたどってるんじゃないかと思いました。


だってバブルだもん。

あの時代の日本の人達だって、誰もバブルがはじけたあとのことなんか、
考えてもいなかったと思うよ。
中国人だって、はじけた後の事考えて何かしてる人なんかいないよ。


それに、オラが中学生か高校生くらいの頃、
テレビで親が「景気悪くなるらしいなあ・・・」といってて、
約20年後の日本が今のあり様ですよ。

ただ、中国のバブルって大きすぎてさ。
はじけた後がこわいよね。




中国にしても日本にしても、「人」が社会を回してるんだよね。
根本的には一緒なんだよ。

でも、中国にしても日本にしても、
連絡とか、行動とか、何もかもが速くなってさ。

たとえば、メールがない時代は友達とよく文通してたけど、
今は、メールを送れば、すぐに返事がきて、またすぐに返事を送るうちにネタが尽きて、そのまま疎遠に。。。とかもよくあるし。

それでも、昔からの付き合いだったら、また「おっす!!(´∀`*)」って出来るけど、
知り合ったばかりの友達でそれをすると、なんとなく気まずさがあったりとか。
手紙ぐらいの速度がいい場合だってあるんですが。
それはぜんぜん経済的でもなければ、すごくロスも多いのかもしれないけど。

問題は、急速に近づいてしまって、信頼関係を築く前に壊れてしまう。
これが、ペースがゆっくりだったら、またちがったかもしれないね。
そういうのがね・・・もったいないというか・・・

そういう自分を、トロいと思う人は沢山いるけど。




スピードにこだわりだすと、「時間薬」というものの存在が忘れられがちで。
たとえば、皮膚病とか怪我なんて、日にち薬の場合が多いし、
鬱病とかになってしまうと、「速く直して」というのは、毒にしかならなくて、
そもそも人って、そういう風にできてるんだよ。

それは、野菜とか肉とか食べ物を作るときでも時間がかかるし、
教育だって同様で、
地球だって緑豊かになるまでに何億年もかかった。
そもそも時間をかけないとまわらないように出来てる人やものごとに対して、
せっかちな人の「とにかく速さや!!!!」っていうのは、
まさに人間の本質に対して真反対な理屈なわけでさあ。



日本でも「スピード主義」が定着してから久しいけど、
効率を求めるスピード主義な期間が長かったからこそ、
ここまで悪くなってしまったんじゃないかな・・・


育てるつもりで時間をかけると、ぜったいによくなるけど、
即物的思考な期間をだらだらと続けると、
それだけ抜けだしにくくなるんじゃないかな。

無駄だろうがなんだろうが、時間をかけるということがすごく大切で。






いつか、日本はきっと良くなると思うんですが、
それの鍵は、絶対に「時間」だと思うんです。

時間をかけるといっても、
ただダラダラと生きるんじゃなくて
時間のかかる難題や目標に対して、
一日一日を大事に一歩一歩着実に進んでいくことだって、
すごく忙しい事だと思うんですよ。





ゆっくり過ごすことと怠惰は違う。







細川ほちょのHP ZIPANG





スポンサーサイト



web拍手 by FC2 ←励みになります!!
Comments

Body

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
七爺八爺
プロフィール
糸田川ほちょ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR